過去の出来事はFXの審査に影響するか

FXの審査を気にしている方は、たまに他の会社での申込みが気になっている方もいらっしゃるようです。過去に何かあって、それが申し込みに影響するのではないかと懸念している方も居るのですね。

実際確かにお金を借りる商品などは、過去の内容が影響を及ぼすことがあります。例えば以前にどこかで借りていて、延滞が発生していたとします。そのような時には、新規の申し込みが難しくなる事が多いですね。金融業界の情報共有のシステムに、その延滞の事実が登録されてしまっているからです。

ところがFXという投資商品の場合は、話は別です。基本的にこの商品では、他社での状況はあまり見られないと考えて良いでしょう。

例えばA社という会社に、以前に申し込んでいたとします。その時に、口座を作るのお断りされてしまったとしましょう。そして改めてBという会社に申し込みをするとなると、無事に口座を作れるかどうかが心配な方もいらっしゃる訳です。

しかし、B社にはA社での審査結果はあまり関係ありません。他の会社の情報は分からない事が多いからです。融資商品とはそこが異なる訳ですね。

それと、以前の借金に関する不安を覚えている方も中にはいらっしゃいます。例えばどこかの会社で借りていて、ちょっと返済が難しくなってしまった時に、いわゆる減額の請求を行っている事があるのですね。そのような手続きを行っている方の場合は、融資商品では申し込みが難しくなるケースがしばしばあります。

ところがFXの場合は、過去の減額請求の有無などはあまり見られません。過去に破産手続きを行っているような方でも、問題なく口座を作れているからです。同じ金融商品でも、そこが融資商品とは異なりますね。

結局のところFXの口座作りでは、過去の履歴などはあまり見られないと考えて良いでしょう。過去に何かあっても、特に気にせずに申し込んでみるのが良いと思います。

それよりもリスク理解度が、重要視される事が多いです。やはりこの商品では、リスクが一番大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>