FXの会社からは果たして電話が来るか

金融会社のサービスを利用する事を考えている方によっては、たまに電話を気にしている事があります。特に融資商品などを考えている方々が、その電話を気にしている事が本当に多いですね。

融資を行う会社は、たいてい申込者のお勤め先に架電をしています。勤めているかどうかを、確認したい意図がある訳ですね。

ところが人によっては、そのような電話はちょっと困ると考えている方もいらっしゃるそうです。融資申し込みの事実を、職場にあまり知られたくないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ところでFXは、もちろん金融商品の1つになります。ではその商品の場合は上記のような電話はどうなるかと申しますと、基本的にはありません。というのもその投資商品では、もっと別の基準が見られる事が多いからです。

金融会社が一番気にしているのは、リスクの理解度です。損失が発生する可能性がある商品ですので、その理解度を気にしている事が多いのですね。まかり間違っても、元本が割れないような商品ではありません。割れないという認識を持っていると、やはり審査で落とされてしまうでしょう。

金融会社としては、それを一番気にしている訳ですね。職場に勤めているかどうかは、あまり重要ではない訳です。ですので金融会社からお勤め先に対して、架け電が発生するような事はまず無いでしょう。

ただしリスクを理解する為に、申し込み者本人に電話が行く事はあります。例えば申込みの為のWEBデータから、「この申込者は本当にリスクを理解しているか」という点が感じられた時には、本人に対して電話が行く事は稀にあるそうです。電話でリスクの認識が確認できれば、審査に通る事は多いですね。逆にその電話でリスクがあると判断された時には、口座を作るのをお断りされる事もあるのです。

ですのでFXの会社から、電話が来ないとは断言できません。ただ電話が来る確率は、極めて低いと考えて良いでしょう。確率としては、10%以下だと考えられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>