Archives

now browsing by author

 

FX取引はロング一辺倒で決まり

FX取引はロング一辺倒で決まりですよね。

金利の高い通貨をロングしておけば、スワップポイントをもらえますからお得感が高いです。昔ほどではありませんがオーストラリアドルとかニュージーランドドルとかをロングしていれば金利差で得した気分になれますよ。

オーストラリアドルとニュージーランドドルに組み合わせる通貨は何がいいでしょうかね。ドルもユーロもいいですが、ここはやっぱり我らが日本円の出番じゃないでしょうか。悲しいことに金利には無縁というくらい寂しいので、オーストラリアドルやニュージーランドを買って日本円を売るという通貨ペアが良いのではないでしょうか。AUDJPYとNZDJPYという組み合わせ表記になりますかね。

特にこれらのいわゆるオセアニア通貨というのは一方方向にトレンドを形成しやすいですから、ビッグトレンド時にロングして、少し下がってきたら買い増し、買い増しで為替差益も狙えますね。そういった意味でもいいですね。

逆にいくら金利が高いオセアニア通貨といえども、日本円のトレンドが強く形成されていたらロングは控えたほうがいいですよ。どうしてもスワップポイントがあるから手放しくならない気持ちはわかりますが、トレンドの破壊力の前にはスワップポイントの利益なんて微々たるものですからね。理想なのはオセアニア通貨が上昇トレンドを形成している時にロングを積みましていくということです。

なるべく日足をチェックしてくださいね。日足が上昇傾向であればそんなに気にせずロングしていけますから、日足を充填に見て下さい。日足が下落トレンドを形成しているのなら様子見が一番です。どうしてもエントリーしたい場合はデモトレードでエントリーしてみてください。リアル口座でエントリーしなくて良かったと思うことが多々あるので、ポジポジ病の人は必ずデモ口座でエントリーすることをおすすめします。

日足が上昇トレンドではないと判断できて、しかも我慢できる人はただひたすら待つことに徹します。そして上昇に転じたらロングします。そうなれるように頑張りましょう。

FXの会社からは果たして電話が来るか

金融会社のサービスを利用する事を考えている方によっては、たまに電話を気にしている事があります。特に融資商品などを考えている方々が、その電話を気にしている事が本当に多いですね。

融資を行う会社は、たいてい申込者のお勤め先に架電をしています。勤めているかどうかを、確認したい意図がある訳ですね。

ところが人によっては、そのような電話はちょっと困ると考えている方もいらっしゃるそうです。融資申し込みの事実を、職場にあまり知られたくないと考えている方もいらっしゃるでしょう。

ところでFXは、もちろん金融商品の1つになります。ではその商品の場合は上記のような電話はどうなるかと申しますと、基本的にはありません。というのもその投資商品では、もっと別の基準が見られる事が多いからです。

金融会社が一番気にしているのは、リスクの理解度です。損失が発生する可能性がある商品ですので、その理解度を気にしている事が多いのですね。まかり間違っても、元本が割れないような商品ではありません。割れないという認識を持っていると、やはり審査で落とされてしまうでしょう。

金融会社としては、それを一番気にしている訳ですね。職場に勤めているかどうかは、あまり重要ではない訳です。ですので金融会社からお勤め先に対して、架け電が発生するような事はまず無いでしょう。

ただしリスクを理解する為に、申し込み者本人に電話が行く事はあります。例えば申込みの為のWEBデータから、「この申込者は本当にリスクを理解しているか」という点が感じられた時には、本人に対して電話が行く事は稀にあるそうです。電話でリスクの認識が確認できれば、審査に通る事は多いですね。逆にその電話でリスクがあると判断された時には、口座を作るのをお断りされる事もあるのです。

ですのでFXの会社から、電話が来ないとは断言できません。ただ電話が来る確率は、極めて低いと考えて良いでしょう。確率としては、10%以下だと考えられます。

FXについて

FXは専門家だけの取引だと思っている人がいますが今では普通の人でもFXで稼げる時代なのです。

なので副業としてやっている人は多いです。

FXとはどういうものなのかというと簡単いうと外貨と日本円の売買のことです。

私自身やったことはないですが興味はあります。

でも損をしたときのことを考えるとなかなか踏み出せないということもあります。

分かりやすくいうと一ドル100円で取引してたとします。

10万円分を1000ドルに変えたとします。

円安で一ドルが110円になったら1000ドルを日本円に変えるのです。

そうすると十一万になるので一万円の儲けがあります。

FXというのはそういう取引のことをいうのです。

始める人は最初は少しのお金からスタートしたほうがいいです。

それで徐々にコツをつかんで金額を高くしていけばいいのです。

ドルやユーロを買って儲ける人もいますが外国の銀行に口座を作って利息で儲ける人もいます。

例えば日本の銀行で利息が0.1パーセントだとして外国の銀行は0.5パーセントだとします。

0.5パーセントから0.1パーセントをひくと0.4パーセント分の儲けがあるということなのです。

円高や円安で動かされるドルやユーロよりは銀行の取引の方がリスクは少ないと思います。

FXは24時間世界中のどこかで通貨は売買されています。

なので時間に束縛されないというメリットがあります。

基礎知識さえしっかりしていれば簡単に始めることができるので知識をきちんと持つのが大事です。

外貨売買というとドルやユーロが一番多くでまわっていますが他にもポンド、豪ドル、シュケル、コルナ、ペソ、ラトなどがあります。

マイナーな通貨になると売買も少なくなりますが儲けは確実にでています。

ただ治安の悪化などで急激に変動する場合もあります。

小遣い稼ぎ感覚で始める人が多いです。

難しく考える人もいますがコツをつかめば何も知らなかった人でも簡単に始めることができます。

不安な人はネットに詳しくでているのできちんと読んで把握してから始めるといいです。

多忙な方でも注文ができるFXの自動システム

FXの売買を行っているサラリーマンの方によっては、時間確保に関して色々考えている事があります。というのも普段のお仕事がお忙しいので、なかなか時間の確保が難しいからです。

少なくともお仕事をしている方であれば、昼間の時間帯は忙しいですね。会社で色々と作業をしなければなりませんので、昼間は取引が難しいことが多いのです。

ちなみにFXには、一応指値という方法はあります。しかしお勤めの方の中には、リアルタイムな注文を希望している方もいらっしゃいます。やはり昼間の時間帯は、ちょっとリアルタイムな注文は難しいでしょう。

そのため最近では、自動的な売買のシステムに魅力を感じている方が多いと言われています。ここ最近の金融会社は、自動的な注文システムをホームページでアピールしている事がとても多いです。以前はそのような注文システムを完備していなかった金融会社も、最近はそれを採用するようになりました。数年前から、そのような傾向がありますね。

ところで自動的な売買のメリットですが、パソコンの電源です。一般的にその金融商品で売買をするとなると、やはりパソコンで注文をする事が多いでしょう。しかしサラリーマンの方は普段忙しいので、自宅の電源をオフにしている事も多いですね。

ところが前述の自動的な売買の場合は、パソコンの電源をオフにしていても特に問題は無いのです。あくまでも金融会社のサーバー内での売買が行われるので、自宅のパソコンに影響が及ぶことは無いのですね。ですので普段のお仕事が忙しい方にとっては、その自動的なシステムはかなりメリットが大きいでしょう。

ですのでサラリーマンの方によっては、そのような売買をする為に自分で色々とシステムを自作しようと頑張っている方もいらっしゃいます。FXにはMT4というツールがありますが、あれを用いると自動的な売買のシステムを組むことができるのですね。もっともプログラムの知識が必要になるのですが。

もしも普段のお仕事がお忙しいのであれば、ちょっと自動的な注文システムを検討してみると良いでしょう。

FXのスプレッドってどれくらい取られてるの?会社選びの重要性

FXのスプレッドは手数料のようなモノですが、会社によってかなりの違いがあります。同じドル円
でも安い所だと0,3銭、高い所だと2銭とかなり違っています。でも銭とか言われてもピンとは
来ないと言う人が多いんですよね。まとめるとかなりの金額になります。

金額にする時は、スプレッド×ロット枚数×取引回数になります。一番安い場合だと0,3銭ですから
ロットを5枚入れて、一日10回のトレードをすると、1500円程度。2銭の場合で計算すると
1万円にもなります。これは1ロット1万通貨での計算ですが、使っている金額によって増減します。
要は数千円単位で変わって来てしまうという事です。月単位ではサラリーマンの月収ぐらい変わって
来ることもあります。

どれぐらいの金額でやっているか、一日平均どれぐらいの回数取引するかで大きく変わってくるモノ
ですが、スプレッドが重要な意味はココにあります。ちりも積もれば山となる、は基本良い意味での
言葉ですが、FXスプレッドではかなり怖い意味です。

スプレッドを下げるためには計算式に出てくる要因を減らす事です。スプレッド単位を減らすには
安い会社を選ぶ意外の方法はほとんどありません。コロコロ変わって行くものでもあるので、安い所
が使いたいなら複数口座を作って置いて移動させる方法になります。

ロット枚数はスプレッド関係で増減させる部分でもありません。枚数が減ってしまえば勝った時の
プラスも減りますから、勝ちが多い人はスプレッドは気にしない方が良いですね。手数料を気にして
プラスを減らしてしまっては、本末転倒です。

取引回数は減らす事も出来ます。ココでも収支に関わってくるので、減らすのは無駄トレード、負け
トレードです。そんなの簡単に減らせりゃ苦労しない、訳ですが、意識しているだけで減っては
いきますね。ですがリスクを取らなければ勝ちも積もりませんから痛し痒しと言った感じです。

なので結局一番の要因は会社を変えてみるとなります。最低通貨単位もありますから、単純に
これだけで選ぶ訳にも行きませんが、最重要項目である事は間違いありません。

過去の出来事はFXの審査に影響するか

FXの審査を気にしている方は、たまに他の会社での申込みが気になっている方もいらっしゃるようです。過去に何かあって、それが申し込みに影響するのではないかと懸念している方も居るのですね。

実際確かにお金を借りる商品などは、過去の内容が影響を及ぼすことがあります。例えば以前にどこかで借りていて、延滞が発生していたとします。そのような時には、新規の申し込みが難しくなる事が多いですね。金融業界の情報共有のシステムに、その延滞の事実が登録されてしまっているからです。

ところがFXという投資商品の場合は、話は別です。基本的にこの商品では、他社での状況はあまり見られないと考えて良いでしょう。

例えばA社という会社に、以前に申し込んでいたとします。その時に、口座を作るのお断りされてしまったとしましょう。そして改めてBという会社に申し込みをするとなると、無事に口座を作れるかどうかが心配な方もいらっしゃる訳です。

しかし、B社にはA社での審査結果はあまり関係ありません。他の会社の情報は分からない事が多いからです。融資商品とはそこが異なる訳ですね。

それと、以前の借金に関する不安を覚えている方も中にはいらっしゃいます。例えばどこかの会社で借りていて、ちょっと返済が難しくなってしまった時に、いわゆる減額の請求を行っている事があるのですね。そのような手続きを行っている方の場合は、融資商品では申し込みが難しくなるケースがしばしばあります。

ところがFXの場合は、過去の減額請求の有無などはあまり見られません。過去に破産手続きを行っているような方でも、問題なく口座を作れているからです。同じ金融商品でも、そこが融資商品とは異なりますね。

結局のところFXの口座作りでは、過去の履歴などはあまり見られないと考えて良いでしょう。過去に何かあっても、特に気にせずに申し込んでみるのが良いと思います。

それよりもリスク理解度が、重要視される事が多いです。やはりこの商品では、リスクが一番大切ですね。